| フロントページへ | 法律改正 | 

ストックホルム宣言及び行動アジェンダ
翻訳:宇佐美昌伸氏
原文(英語)はこちら

宣言

1.我々は、122ヶ国の政府、NGO、「アジア観光における子ども買春根絶国際キャンペーン(エクパット)」、ユニセフその他の国連機関、及び世界中の関係団体・個人を代表して、「子どもの商業的性的搾取に反対する世界会議」に参加するためにストックホルムに集まった者であり、ここに、子どもの商業的性的搾取に反対するグローバル・パートナーシップヘのコミットメントを表明する。

挑戦

2.毎日、世界中でますます多くの子どもが、性的搾取及び性的虐待の犠牲となっている。この事態を終わらせるためには、地方、国内、地域及び国際レベルでの協調行動が必要である。

3.全ての子どもは、あらゆる形態の性的搾取及び性的虐待から完全に保護される権利を持っている。このことは、普遍的重要性を持つ国際法文書である「子どもの権利条約」(191ヶ国加盟)において再確認されている。各国は、子どもを性的搾取及び性的虐待から保護し、被害に遭った子どもの身体的並びに心理的回復及び社会への再統合を促進することを求められている。

4.「子どもの権利条約」は、子どもに関わるあらゆる行動において、子どもの最善の利益が第一に考慮されるべきであり、彼らの権利はいかなる種類の差別もなしに享受されるべきものであるとしている。子どもに影響を及ぼすあらゆる問題に関して、子どもの意見が、その年齢及び成熟度に従って、正当に重視されなければならない。

5.子どもの商業的性的搾取は、子どもの権利の根本的な侵害である。それは、大人による性的虐待、及び子ども又は第三者に対する現金又は現物による報酬提供によって構成される。子どもは性的な対象物、そして、商業的な対象物として扱われる。子どもの商業的性的搾取は、子どもに対するある種の強制及び暴力を形成しており、強制労働及び現代的形態の奴隷制に等しいものである。

6.貧困は、子どもの商業的性的搾取をもたらし得る環境の形成に寄与するが、だからと言って、このような搾取の正当化に用いることはできない。その他の複雑な寄与要因は多岐にわたり、経済的格差、不公正な社会経済構造、家庭の機能不全、教育の欠如、拡大する消費主義、都市−農村間の人口移動、性差別、男性の無責任な性行動、有害な伝統的慣習、武力紛争、子どもの売買などがある。これらの全ての要因のために、女の子と男の子は、彼らを商業的性的搾取のために周旋しようとする者に対して、さらに弱い立場に置かれるのである。

7.犯罪者及び犯罪ネットワークは、弱い立場に置かれた子どもを商業的性的搾取のために周旋し、誘い込み、このような搾取を存続させることに関わっている。このような犯罪者及びネットワークは、子どもから不法に性的満足を得ようとする、主に男性の客が性市場において生み出す需要に応えている。子どもの商業的性的搾取に直接的又は間接的に寄与するさらなる要因として、腐敗並びに搾取への共謀、法律の不在並びに/若しくは不十分さ、法執行の緩さ、及び子どもに与える有害な影響に対する法執行職員の感度の低さがある。このような搾取は、一個人による行為であったり、小規模に(例えば、家族や知人)又は大規模に(犯罪ネットワーク)組織されるものであったりするのである。

8.社会のあらゆるレベルの、広範に渡る個人及び集団が搾取的活動に寄与している。これには、仲介人、家族の構成員、企業部門、サービス提供者、客、コミュニティ・リーダー及び政府職員が含まれる。彼らは全て、無関心、子どもが被る有害な結果に対する無知、又は子どもを経済的商品とみなす態度及び価値観の維持を通じて、搾取に寄与するのである。

9.子どもの商業的性的搾取は、子どもの身体的、心理的、精神的、道徳的及び社会的発達に対して、深刻で、一生続く影響をもたらすものであり、命を脅かすことさえある。その影響とは、早期妊娠の危険、妊産婦死亡、負傷、発育の遅れ、身体的障害、HIV/エイズなどの性感染症などである。彼らが子どもの時期を楽しみ、生産的で、報いられ、尊厳ある生活を送る権利は著しく侵害される。

10.子どもの商業的性的搾取に対抗するための法律、政策及びプログラムは存在するが、これらの法律、政策及びプログラムの精神及び文言を有効なものとするためには、より大きな政治的意志、より効果的な実施措置及び資源の適切な配分が必要である。

11.子どもの商業的性的搾取と闘う義務は、第一義的に国及び家庭にある。市民社会も、子どもの商業的性的搾取の防止及びこのような搾取からの子どもの保護において果たすべき本質的な役割を持っている。このような搾取と対抗するためには、政府、国際機関及びあらゆる社会部門の間で強力なパートナーシップを構築することが不可欠である。

コミットメント

12.本世界会議は、「子どもの権利条約」に留意しつつ、子どもの権利に対するコミットメントを再確認するものである。そして、全ての国に対して、国内・国際機関及び市民社会と協力して、以下のことを行なうよう求める:

−子どもの商業的性的搾取に対する行動に高い優先順位を付与し、この目的のために適切な資源を配分すること;

一子どもが性取引に入ることを防止し、及び商業的性的搾取からの子どもの保護における家庭の役割を強化するために、政府とあらゆる社会部門との間の協力の強化を推進すること;

−子どもの商業的性的搾取を、その他の形態の子どもの性的搾取とともに、犯罪とし、現地住民であると外国人であるとに係わらず、犯罪者を有罪とし、処罰すること。その際、このような行為の被害に遭った子どもが処罰されないことを確保すること;

−子どもの商業的性的搾取を廃絶するために、法律、政策、プログラム及び行動を、適当な場合には、見直し、改正すること;

−子どもを商業的性的搾取から保護するための法律、政策及びプログラムを執行し、法執行当局間のコミュニケーション及び協力を強化すること;

−子どもの商業的性的搾取に対する地域、国内及び地方の関係機構の支援を得て、法律、政策及びプログラムの採用、実施及び普及を推進すること;

−子どもの商業的性的搾取を防止し、被害に遭った子どもの保護並びに支援を行ない、及び彼らの回復並びに社会への再統合を促進するために、包括的でジェンダーに配慮した計画及びプログラムを立案し、実施すること;

−両親その他の子どもに対して法的責任を有する者が、子どもを商業的性的搾取から保護する権利、義務及び責任を履行できることを確保する環境を、教育、社会的動員及び開発活動を通じて創出すること;

−各国における子どもの商業的性的搾取廃絶の取り組みを支援するために、政治的その他のパートナー、及び政府間機関、NGOなどの国内・国際コミュニティーを動員すること;

−子どもの商業的性的搾取の防止及び廃絶における、子どもをはじめとする市民の参加の役割を高めること;

13.本世界会議は、子どもの権利の保護、特に「子どもの権利条約」その他の関連文書の実施を支援し、以って世界中から子どもの商業的性的搾取を根絶するために、この「宣言及び行動アジェンダ」を採択する。


| 法律改正|