| フロントページへ | 活動・ニュース |

少女監禁致死事件不当判決に抗議の声を

 昨年7月、12歳の少女が中学校教員に手錠監禁され、脱出しようとして転落、死亡した事件で、大阪高等裁判所は、12年の求刑に対し6年の実刑を言い渡した第一審判決は「軽すぎるとは言えない」「飛び降りは予想外の行為。テレクラを利用した少女にも落ち度があった」などとして一審判決を支持しました。これに対して検察が上告せず、この判決は確定しました。

 買売春ではいつも子どもの側、女性の側が批判され、犯罪者扱いさえされてきました。しかし1996年にストックホルムで開催され、日本も参加した「子どもの商業的性搾取反対世界会議」において満場一致で採択された宣言と行動綱領では、買春などの商業的性搾取は、金銭等を介在させた、大人による子どもの性的虐待であり、大人の側の重大な犯罪であること、子どもを処罰してはならないことが確認されています。

 ましてや今回の事件の被害者は当時12歳であり、日本の刑法でも、性行為に合意できない年齢とされています(12歳の少女と大人の男性が合意に基づいて性交をしても、大人の側は強姦として処罰されます)。 ところが被害者の側は「落ち度があった」と責められているのに、加害者の側は「少女が飛び降りることは予想できなかった」と許されてしまっています。加害者の側は、最初からこの少女に性的暴行を加えようと、手錠まで用意する計画的な犯罪であったにもかかわらずです。

 「被害者にも落ち度があった」という言い方で被害者を責めることが、性虐待の被害者をどれほど苦しめ、加害者に有利に働いてきたでしょうか。そしてそのような意識が広がることで、買春を含む性犯罪の被害者がますます訴えにくくなることを懸念します。

 下記にあなたの声を届けてください。
その場合、「少女監禁致死事件被告福本謙に対して、大阪高裁が2002年11月25日言い渡した判決について」と銘記してください。

大阪高等裁判所
530-8522 大阪市北区西天満2-1-10
FAX 06-6363-6334

大阪高等検察庁
553-8511 大阪市福島区福島1-1-60 
大阪中之島合同庁舎
FAX 06-4796-2130  

全司法労働組合近畿地区連合会
FAX 06-6363-1682


| 上に戻る |