| フロントページへ | 活動・ニュース |

ワークショップin大阪
大勢の人たちの思いと力で大成功

(ニュースレター第53号より)

1、はじめに
横浜会議の直後の12月22、23日、エクパット・ジャパン・関西は、大阪府男女協働社会づくり財団、国際子ども権利センターを始め、多くの団体・個人の方々と一緒に「第2回横浜世界会議に呼応する子どもの商業的性的搾取反対ワークショップin大阪」を開催しました。個々の団体や個人のお名前をあげていくことが不可能なほど、大勢の方が関わってくださいました。このような形で、大勢の人と一緒に企画が実現できたことは、本当にすばらしい体験でした。22日全体会の会場はいっぱい。別室に用意していた影像配信に回っていただく方もあったほどでした。23日のワークショップ(分科会)も、予想をはるかに上回る参加者数でした。内容もそれぞれに好評でした。

 ワークショップin大阪は、横浜会議に連動して、その成果を関西にも広め、私たちの周りでの取り組みにつなげていくこと、その間にネットワークを強化することなどを目的として、開催されました。関西方面で、子どもの権利、性の問題にさまざまな切り口から取り組んでいるグループが集り、企画を練るとともに、大阪教組、連合大阪などが、チケット販売や宣伝に協力してくださいました。また大阪府男女協働社会づくり財団が、ともに主催者なってくださり、会場となったドーンセンターの関係者の方々の多大なご協力をいただくことができました。さらに外務省は、世界会議のパネリストをこのワークショップin大阪に向けて派遣してくださいました。これ以外にも大勢の人たちの力で、この企画が成功したのです。

2、全体会

 20日横浜会議が閉幕しすると、私たちはまっすぐ大阪へ帰り、21日はドーンセンターで作業にはげみました。(特別会議室がいっぱいになった場合に備えて、隣に部屋に影像配信するためのセットを用意したのですが、その段階でも私自身は内心、こんな広い会場がいっぱいになるんか・・・と思っていました。幸いその心配は的外れだったのですが。)

22日の全体会は横浜会議のパネリストとして来日された海外ゲストお二人(子どもポルノの専門家マックス・テイラーさんと、カリフォルニアで買春された子どものシェルターを創設されたロイス・リーさん)、日本人ゲストお二人(森田ゆりさんと吉田タカコさん)をお招きし、それぞれの活動や視点をお話いただきました。その後、参加者からの質問と応答という形で進めました。

 テイラーさんは、アイルランドコーク大学の応用心理学教授で、子ども研究部の部長も勤めておられます。子ども研究部では1996年から、インターネットを通しての子どもの性虐待に関する取り組みを始め、現在ではここがインターネット上の子どもポルノ研究の世界的なセンターの一つになっています。テイラーさんのお話で印象深かったのは、影像という形で流れる子どもポルノの裏にあるのは、子どもへの性的虐待という現実であること。またテイラーさんたちのプロジェクトは、インターネット上の子どもポルノを追いかけながら、現実に虐待されている子どもを特定し、子どもがその被害状況から抜け出せるようにするためのものであるという点です。日本で児童買春・ポルノ禁止法制定されてから、インターネット上では日本発の子どもポルノが格段に減ったといわれています。しかしながら、法律の運用の中では、子どもポルノは子どもへの性虐待の問題というよりは、わいせつ物の製造・頒布・販売の問題と捉えられ、被害にあっている子どもへの視点が弱いように思います。

 ロイス・リーさんは米国における子ども買春の状況、リーさんたちのシェルター(Children of the Night)の活動内容、子どもたちへの支援のあり方、その中でNGO、NPOはどのような役割を果たせるかについて報告してくださいました。Children of the Nightのサービスは、24時間ホットライン、保健衛生、教育、薬物やアルコール乱用に対するプログラム、同窓会など多岐にわたります。そして、子どもたちが自分で人生の選択をしていくのを助けることを目的としています。社会におけるNPOの存在が、日本とアメリカでは違うかもしれませんが、ここまでのサービスを提供できるようになるまでの道のりは、なみたいていのことではなかったでしょう。また、子ども買春の中でポン引き(pimp)による子どもの支配、暴力などがあり、警察などにポン引きの情報を提供することもある。警察が売春している子どもたちを搾取することもあるが、やはり警察がきちんとその役割を果たさなければ問題は解決しないのだから、警察に対する研修なども行っている、といったことを話してくださいました。

 日本人ゲストの森田ゆりさんは、子どもの虐待とは何か、性虐待とは何か、問題を捉えるときの視点を丁寧に語ってくださいました。吉田タカコさんは、近著「子どもの性被害」をかかれたきっかけ、その過程で経験されたことなどを、生き生きと伝えてくださいました。吉田さんの場合は、郵便受けなどに入るビデオの案内などの中に子どもポルノがあるということを知り、影像になることでその被害が永続化していくということを考えられたことが、この本を書こうと思われたきっかけだったそうです。取材や執筆をされている時期、1月ほど体が言うことを聞かなくなって何もできなくなったこともあった、とおっしゃっていました。出版後は被害者、加害者を含めていろいろな人から手紙が来るそうですが、被害者の場合は、本当にずっと昔の被害なのに傷が癒えていないことを感じられる場合もあり、また加害者の場合、その人が同じ事を繰り返さないようにするための具体的な手立てがないことに不安を感じられることもあるようです。

 参加者との質疑の中で特に印象深かったのは、市民の取り組みと政府(行政)の取り組みとの関係についての議論でした。テイラーさんは「自分が問題であると思うことがあれば自分たちで取り組み始めよう。行政はその後をついてくる。あなたたちが行政の後をついていくのではない」という言い方をされました。この言葉はワークショップイン大阪に集った団体の人たちにとっても、意味深い言葉だったように思います。ワークショップin大阪という形で、それぞれの思いを持った市民団体が主体的に関わり、ネットワークを組んで動いたことで、これだけ大勢の人が集り、充実した中味が作れたわけです。つまりテイラーさんの言葉を、ワークショップin大阪に集ったグループが、まさにその場で現実化していた、ということなのではないでしょうか。

 23日は、11団体による12のワークショップ(分科会)が開催されました。テーマとしては、子ども買春、人身売買、性教育、学校におけるセクシャルハラスメント、子ども&若者が語り合う場、性暴力加害者へのアプローチなど、商業的性的搾取にとどまらず、子ども、性、子ども若者参加をキーワードに、市民団体がそれぞれの切り口からさまざまな企画を持ち寄りました。一つの場に集ることで、互いに学ぶこともあり、相乗効果もあって、大勢の方の参加を得ることができました。最終的には2日間で、のべ600人近くの参加があり、大成功だったと言えるでしょう。

 23日の内容については、私自身、1つのワークショップにしか関われていないので、ここではこれ以上の報告ができず申し訳ありません。

 大勢の方々に「ご協力ありがとう」と言うのはこの企画の場合ふさわしくありません。一緒にできてよかった、という思いをお伝えしたいと思います。細部の一つ一つに至るまで、あの時、あの人がいなかったら、ここまで成功しなかっただろうな、と思えることがあります。いたるところで、そのようなことが発生していたことでしょう。なので、個々にお名前を挙げていくことは不可能ですが、このようなときにふさわしい日本語を思いつかないので、タガログ語で失礼します。Mabuhay!(注;英語だとfull of life、生命満ちよ、みたいな意味かな。読み方はマブーハイ!)
(文責 園崎寿子)




| 上に戻る |